teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL


北朝鮮には完全制裁の野手を緩めるな

 投稿者:丸山一夫メール  投稿日:2010年12月19日(日)14時48分42秒
返信・引用
  北朝鮮が韓国に行った突然の攻撃は本当に驚いた。先月の11月23日久米川の駅前で署名行動をして家に帰ってテレビのチャンネルをひねりにユースを見たとたんにこのような報道を聞き本当にびっくりとしかいいようが内ない。今、北朝鮮ではこのようなことが続いている。国内は大混乱になれば、私が心配しているのは北朝鮮に拉致された我々日本人をはじめ拉致された多くの仲間のことだ。いま日本政府は拉致された仲間の救出のことを真剣に考えているのか疑問である。我々は北朝鮮に関するすべての情報は逃さず見たり聞いたりしている。北朝鮮国内で何があるかわからない。一刻も早く日本人夜すべての被害者救い出さなければならない。私は先週の木曜日に仲間とカラオケで歌を歌った。私はいつも異国の丘とまた久しぶりにああモンテンルパの夜は更けてを歌つた。すべての拉致被害者には早く極寒の国から出て親、兄弟のいる家に帰り家族の下で過ごしてもらいたい。私はバスで駅までよく出かけるが、お客さんとはよく北朝鮮の話もよくする。いろいろ話をし本当にびっくりしている。本当に常識では考えられないことだ。  
 

遅くなりました

 投稿者:吉田明彦メール  投稿日:2010年11月28日(日)10時25分10秒
返信・引用
  先日はお疲れさまでした
街頭署名の様子を掲載します。

井上 泉様
森本 美砂様

お手数ですがアドレスを教えて頂ければお写真を送ります。

吉田

http://blogs.yahoo.co.jp/ayahiro1959

 

美保さんのDNA鑑定書、県警非開示

 投稿者:緑風香メール  投稿日:2010年11月25日(木)12時29分30秒
返信・引用
  美保さんのDNA鑑定書、県警非開示
 20歳のとき行方不明になった甲府市の山本美保さんを、県警が2004年3月、DNA鑑定を根拠に山形県で見つかった水死体と同一人物と断定したことを巡り、県立支援学校教諭で山本さんの双子の妹の森本美砂さん(46)が県警に開示請求したDNA鑑定書が非開示となったことが24日、分かった。県警が、森本さんを支援している特定失踪(しっそう)者問題調査会(東京都文京区)に伝えた。同会の荒木和博代表は、DNA鑑定書の開示に向けて「森本さんらと相談して法的措置を検討する」としている。

 24日に県警の担当者と面会した特定失踪者問題調査会理事の山下滋夫・山梨大教授によると、県警は「捜査にかかわる書類なので開示できない」と回答。26日までに非開示の通知が家族に届くことも伝えたという。県警警務課は取材に「当事者以外に話すことはできない」とした。

 山下氏らは、県警の担当者に、山形大医学部が水死体の司法解剖鑑定書を家族に提供したことを挙げ「DNA鑑定書も開示されていいはず」と伝えたが、「(司法解剖鑑定書は)警察が出したものではない」と答えたという。

 特定失踪者問題調査会は山本さんを北朝鮮に拉致された可能性が否定できない特定失踪者に認定している。荒木代表は「DNA鑑定書は山本さんと水死体を結ぶ唯一の証拠。検証する必要がある」と話した。

(2010年11月25日  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/yamanashi/news/20101124-OYT8T01141.htm

http://ryokuhuuka.spaces.live.com/

 

井上泉様

 投稿者:丸山一夫メール  投稿日:2010年11月21日(日)14時28分5秒
返信・引用
  10月23日都民広場での大集会に参加することができ、大変よかった。私も山梨の仲間と話ができ有意義な一日であった。なんとしても、山本美保さんの救出をはじめ、我々すべての日本人同胞を救い出すことはもちろん拉致された外国人の方も救い出さねばなりません。さて今日は私がインターネットで行方不明者のところを見ていてこのことにきずきました。これは1998年12月2日、(当時24歳)の会社員の女性が山梨県甲府市で行方不明になりました。甲府警察署では情報提供のビラの配布を継続するも、情報提供はゼロだという。
私はこのことについてもどうしても気になることは情報提供者がいないことだ、まして甲府市であったということは、どうしても引っかかる。甲府市では山本美保さんが失踪している。もしかしてとおもい出来たら調べてほしい。拉致でないことを祈り拉致だとしたら、同県陣として応援したい。
 

井上泉様

 投稿者:丸山一夫メール  投稿日:2010年11月21日(日)14時24分43秒
返信・引用
  10月23日都民広場での大集会に参加することができ、大変よかった。私も山梨の仲間と話ができ有意義な一日であった。なんとしても、山本美保さんの救出をはじめ、我々すべての日本人同胞を救い出すことはもちろん拉致された外国人の方も救い出さねばなりません。さて今日は私がインターネットで行方不明者のところを見ていてこのことにきずきました。これは1998年12月2日、(当時24歳)の会社員の女性が山梨県甲府市で行方不明になりました。甲府警察署では情報提供のビラの配布を継続するも、情報提供はゼロだという。
私はこのことについてもどうしても気になることは情報提供者がいないことだ、まして甲府市であったということは、どうしても引っかかる。甲府市では山本美保さんが失踪している。もしかしてとおもい出来たら調べてほしい。拉致でないことを祈り拉致だとしたら、同県陣として応援したい。
 

DNA鑑定書開示請求

 投稿者:植松  投稿日:2010年11月13日(土)20時53分12秒
返信・引用
  11月12日の読売新聞です。



DNA鑑定書開示請求

特定失踪者問題 美保さん妹、県警に

 20歳のときに行方不明になった甲府市の特定失踪(しっそう)者、山本美保さんを、県警がDNA鑑定を根拠に山形県で見つかった水死体と同一人物と断定したことを巡り、県立支援学校教諭で、山本さんの双子の妹の森本美砂さん(46)が11日、県の情報公開制度に基づき、DNA鑑定書を開示請求した。これまで森本さんは、県警にDNA鑑定書などを開示するよう交渉してきたが、県警は「捜査中」などとして応じていない。

県警にDNA鑑定書の開示を要請した後、報道陣の質問に答える森本美砂さん(左)(甲府市丸の内の県庁駐車場で) 森本さんによると、県警の説明ではDNA鑑定は森本さんの血液と水死体の骨髄の試料を使って計2回行われた。2003年5月に警察庁科学警察研究所で行われた1回目の鑑定は判定不能だったという。一方、名古屋大学で同年10月から翌年3月に行われた2回目の鑑定は、水死体と森本さんのDNAが一致した。

 県警は、名古屋大の鑑定結果に基づき、04年3月5日に「(山本さんは)水死体と同一人物」と発表。当時の広報文には「山本美保さんが北朝鮮国内で生存していた可能性はない。自殺の可能性もあるが、捜査を継続する」などと書かれていた。

 森本さんは発表後、鑑定をした名古屋大の教授から直接説明を受けて鑑定結果を書き写したが、その後、水死体の司法解剖の鑑定書などを山形大から入手するなどして疑義を強め、「DNA鑑定書の写しを入手し、別の専門家に意見を求める必要がある」と判断して開示請求に踏み切った。名古屋大に加え、科警研の鑑定書についても開示を求めた。

 森本さんは11日、報道陣に「DNA鑑定書を家族に開示できない理由はないはず。山形のご遺体(水死体)と姉をつなぐものはDNA鑑定結果しかない。鑑定データを(別の)専門家にきちんと見てもらいたい」と話した。県警は「『全面開示』『一部開示』『非開示』のいずれかを決定し、26日までに回答する」としたという。

(2010年11月12日  読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/yamanashi/news/20101111-OYT8T01165.htm

 

私の地元で訴えます

 投稿者:吉田明彦メール  投稿日:2010年11月 9日(火)19時49分31秒
返信・引用
  拉致被害者を待ちわびるご家族
被害者の方々

早く、一日でも

一時間でも

早く再開出来ることを願います。

現政権下では無意味といわれながらも署名活動を行います。




日時:平成22年11月23日(火) 午後2時~
場所:東京都東村山市 西武新宿線 久米川駅南口


詳細は改めてご報告致します。


お時間のある方、関心をお持ちの方はぜひご協力をお願い致します。
 

Re: スーパーJチャンネル

 投稿者:ictkofu  投稿日:2010年11月 3日(水)14時25分17秒
返信・引用
  > No.920[元記事へ]

>   今日、スーパーJチャンネルで美保さんの問題を放送してくれました。

10チャンネルをつけて仕事中にナガラテレビ、これが始まった時はびっくりしまして、手を休めて見入っていました。
17時45分の画面をキャプチャーしましたので、番組開始は少し前だったと思います。18時過ぎまで続きましたね。録画はしませんでした。

番組の途中から疑問に感じたのは、単に行方不明の姉、県警は自殺と判断、その問題を争っている、それが表面に出ている番組構成のようだということでした。
終り近くになって拉致との関連が出てきましたが、問題の本質をえぐり出せた番組とは思えなかったというのが私の感想です。
美保さん事件をこのテレビで初めて知った人々に問題が伝わったのかどうか?

私は 2008.05.25 特定失踪者問題を考える県民の集い、これに参加した時から関心を持ち続けています。

http://ictkofu.blogzine.jp/kofu/2008/05/post_e27d.html

 

スーパーJチャンネル

 投稿者:井上 泉  投稿日:2010年11月 3日(水)00時14分38秒
返信・引用
   今日、スーパーJチャンネルで美保さんの問題を放送してくれました。
とても突っ込んだ内容で、しっかりとした取材の元で放送してくださり、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
 上野先生の言葉で、「何のために鑑定医がいるのか・・・。ご遺体の人権を守るためです。」との言葉に私は涙が止まりませんでした。
 上野先生は「死体は語る」「死体の涙」などの著書を書かれています。生きてる人間は言葉で伝えられる。しかし亡くなった方は言葉を発せない。そのご遺体から声を聞き取るのが鑑定医の仕事だ・・・と考えておられる方です。
ですから「ご遺体の人権を・・・」という言葉に凄い重みを感じました。
私も山形のご遺体の写真を見させていただいています。本当につらい姿になってしまっています。縁を頂き、この方の最後の姿を写真で見させていただいた私は、上野先生の「ご遺体の人権」と言う言葉で胸が締め付けられる思いでした。
 一人の人間を、物言えぬ姿になったからといって、生きてる人間が勝手にあやつって良いわけがありません。魂に対する侮辱です。
 美保さんが山本家に帰ってくることと、山形のご遺体が先祖の眠るお墓に戻れるのを心から祈ります。


今日のスーパーJチャンネルの内容がHPにありましたのでコピペいたしました。


トップ > 放送内容

追跡!真実の行方 ~遺体は姉じゃない!妹が追い続ける失踪の謎~
11月2日放送
<事件概要>
26年前、山梨県内に住む、山本美保さん(当時20歳)が
「図書館に行く」と言い残したまま、行方不明に。

失踪から4日後、山梨からおよそ200キロ離れた、新潟県の海岸で、
美保さんの財布と免許証などが発見される。
何故、遠く離れた新潟で美保さんの所持品が発見されたのか?

そして、美保さんが見つからないまま、行方不明となって20年後、
山梨県警は突然、美保さんの遺体が発見されたと発表。
美保さんの失踪から17日後に、山形県遊佐町の海岸で発見された遺体が、
山本美保さん本人だというものだった。

山梨県警は、DNA鑑定の結果、この遺体を「美保さんの遺体」と断定。
しかし、美保さんの一卵性双生児の妹である美砂さんは、
遺留品や身体的特徴から「姉の遺体じゃない」と主張。
次々と浮かび上がる遺体の疑問点を徹底追及!

さらに今回、新たに家族が入手した遺体の鑑定書を、元監察医の上野正彦氏が分析。
驚きの鑑定結果が!
「別人としか思えない。17日間でこんな状態になりません」

北朝鮮による拉致被害の可能性も考え、
今も美保さんの行方を捜し続ける家族が悲痛な胸の内を語る・・・。

多くの謎に包まれた女性失踪事件の真相を追った!



このコーナーのバックナンバーへ
  このページのトップへ


copyright © 2007 tv asahi All Rights Reserved.
 

10.23集会

 投稿者:井上 泉  投稿日:2010年10月25日(月)11時51分29秒
返信・引用
  10.23集会、皆様本当にお疲れ様でした。

美保さんの問題に関して、他の会の方々のご協力も頂きながら、たくさんの方に資料を配布させていただきました。

美保さんの問題を何も知らない方々も大きなパネルに足を止めてくれ、私達の説明を聞いてくださいました。

本当に有難うございました。
 

レンタル掲示板
/60