teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL


北朝鮮人権週間

 投稿者:井上 泉  投稿日:2013年12月16日(月)10時33分6秒
返信・引用
   この人権週間(12月10日から16日)に特定失踪者家族・支援団体により、全国各地で活動が行われました。

山梨では甲府駅北口「ソライチ」に参加させていただき、署名活動&チラシ配りをしました。又、今回より拉致濃厚の77名の顔写真を展示しております。
関心を持ってくださっている方が大勢おり、署名も98筆集まりました。「拉致の疑いのある失踪者862人」の藤田さんの作ってくださったチラシを皆さん驚いて読んでいました。

温かい方が多く、家族はもちろん、私たち支援者にも激励の言葉をかけてくださりとても嬉しく有難かったです。
 
 

第2回特定失踪者家族合同活動

 投稿者:井上 泉  投稿日:2013年12月 8日(日)01時15分49秒
返信・引用
  昨日、渋谷ハチ公前広場にて第2回特定失踪者家族合同活動を行いました。

12月10日~16日の北朝鮮人権週間に拉致問題全面解決を訴える活動で、まず東京メイン会場での合同活動として行なったものです。
これを始めとして、この週間の間に全国各地で活動が展開されます。

山梨では、15日<日>11時~2時に甲府駅北口のソライチにて、署名活動等を行ないます。


 

忘れなで特定失踪者 全国一斉活動

 投稿者:森本美砂  投稿日:2013年 9月29日(日)20時59分37秒
返信・引用
   9月の3連休に特定失踪者家族による全国一斉活動が行われました。埼玉、東京、千葉、徳島、新潟、神奈川、秋田、三重、富山各地で御協力くださいました家族の皆様、御支援くださいました皆様方、本当にありがとうございました。
 私は10人の特定失踪者家族と共に、渋谷での署名活動、ランタンイベントに参加しました。
若者の街渋谷は確かに個性豊かな人たちであふれていました。
その中でどれだけの方が署名してくださるか心配でした。確かにあれだけの人混みの中にあって907筆の署名は少なかったのかもしれません。
それでも900人以上の方が関心を持って歩みを止めて署名してくださり、2,000人以上の方がチラシを受け取ってくださいました。
 救う会埼玉、東京ブルーリボンの方々をはじめ、30人以上のボランティアの方が応援してくださり、松原前拉致担当大臣、家族会代表の飯塚さん、井上義行参議院議員も足を運んで呼びかけてくださり、私達家族も思いを伝えられたことは、大きなことだったと思います。
 これを機に、私達家族も自分たちのできることを一歩一歩進めていきたいと思います。
これからも多くの方のお力をお借りしたいと思います。
是非よろしくお願い致します。
 今回全国で御支援くださいました皆様方、本当にありがとうございました。
 

忘れないで特定失踪者 全国一斉活動

 投稿者:井上 泉  投稿日:2013年 9月24日(火)18時21分43秒
返信・引用
  9月22日 渋谷ハチ公前にて
「忘れないで特定失踪者 全国一斉活動」の一つであります、ハチ公前での署名活動&チラシ配りを行いました。

大半の若者たちには関心のない活動だったようです。ごく稀に足を止め、自らチラシを受け取ってくれ署名をしてくれる若者は中高生でした。きっと学校の授業で拉致問題を勉強したからだろうと感じました。署名をしてくださったり、チラシを受け取ってくださったほとんどの方は中年以上の年齢の方でした。

今まで横のつながりをあまり持てず、情報交換や気持ちを話す機会のなかった特定失踪者のご家族が、この機会にそれらが果たせた事が何よりの収穫だったのではないでしょうか。
又、マスコミも来て下さったようで、報道もあちらこちらでされたようです。

是非、この機会に「特定失踪者」に関心を寄せていただきたいものです。
 

今年こそ拉致被害者を全員取り返そう

 投稿者:丸山一夫  投稿日:2013年 5月26日(日)16時43分10秒
返信・引用
  私は毎日すべてのテレビや新聞等ですべての拉致被害者のニュウスを気を付けて聞いている。安倍首相はすべての被害者の全員救出と拉致実行犯の引き渡しを完全に要求している。これは当然のことだ。1日も早く行ってもらいたい。それは北朝鮮は劣悪な医療体制におかれているからだ。身近なところで手術用の麻酔薬もないということ。それから結核患者が増えていることだ。拉致被害者の健康面でも心配である今言えることは一刻に猶予も許されないことである。  

拉致被害者は日本や韓国だけではない

 投稿者:丸山一夫  投稿日:2013年 2月10日(日)15時16分20秒
返信・引用
  拉致被害者は日本や韓国だけではなく新たにドイツとシリア人を加え14か国となり全世界に拡大となる。今北朝鮮は核実験を行おうとしている。これが強行されれば、ただでさえ食糧不足や医薬品不足のところえ来て国内では大混乱に陥ることになる。今は国民はおとなしいが、食糧不足医薬品不足になれば完全に国内で暴動がおきとんでもない結果となる。われわれ日本人はまず間違いなく北朝鮮に拉致されている人を完全に見つけ出すことである。私たちは日本人を助け出すことはもちろんのこと世界の国々がきた朝鮮を包囲していかなければならない国連では経済制裁が行われるが、日本独自の経済制裁も行う必要がある。  

トウモロコシと300グラムの塩で一日を耐える北の軍人

 投稿者:丸山一夫  投稿日:2013年 1月 3日(木)16時31分7秒
返信・引用
  最近は北朝鮮の食糧難が深刻で相当数の兵士場栄養失調状態にあり一部の部隊では餓死者が発生していると伝えられた。栄養失調で療養休暇を取る兵士が続出、部隊からの脱走や盗難も軍部の食糧事情の食糧事情によるものである。また北朝鮮では塩がものすごく不足している。あらそって買占めをおこなっている。おまけに医療設備も乏しい。手術に必要な麻酔薬もないに等しい今年は何が何でも北朝鮮に拉致されたわれわれ日本人同胞をはじめ他の被害者も全員助け出さなければならない。北朝鮮は拉致問題は解決済み散ったがすべての同胞が帰ってこない限り完全に解決はしていない  

ここにもあった。DNAデータ偽造事件

 投稿者:手塚新二  投稿日:2012年12月15日(土)10時58分45秒
返信・引用
  和歌山県警科学捜査研究所の男性主任研究員(50)による鑑定結果の捏造(ねつぞう)疑惑で、研究員が捏造の理由について「口うるさい上司に注意されるのが嫌だったから」と話していることが、県警への取材でわかった。


 県警は週明けに研究員を証拠隠滅、有印公文書偽造・同行使容疑で書類送検する。

 県警によると、研究員は2010年5月~12年6月、無理心中や変死など7件の鑑定結果について、上司に説明する文書に過去の別事件のデータを流用。別の鑑定書類1件でも所長の公印を無断で使い、決裁済みを装った疑いが持たれている。研究員はこれまでの調べで「見栄えを良くするためだった」とも話している。

 県警はこの研究員が関わった鑑定書類約8000件すべてを調査。明らかになった8件以外にも、同様の手口による不正が疑われる文書が数件あった。県警は、研究員を書類送検後、処分する方針。

(2012年12月15日09時43分  読売新聞)
 

メールニュースより

 投稿者:井上 泉  投稿日:2012年11月 4日(日)15時01分52秒
返信・引用
  【調査会NEWS1255】(24.11.2)

■DNAデータ偽造事件で日弁連正式調査を決定

 山本美保さんに関わるDNAデータ偽造事件について」去る3月5日に日弁連への人権救済申立が行われ、その後予備審査が続けられてきましたが、このたび日弁連として正式に調査を行うことが決定。その旨代理人である川人博弁護士(北朝鮮による拉致と人権侵害に取り組む法律家の会幹事)宛通知が届きました。

 この事件で日弁連が正式に動くということは非常に重い意味があります。ちょうど4日には身元不明遺体が漂着した遊佐町の隣り、酒田市で講演会があり、調査会代表荒木は午前中現場の調査を行う予定です。現在各方面からの事件の洗い直しが進んでおり、今後の進展が期待されます。

日弁連から届いた文書は以下の通りです。
-------------------------------------
         日弁連人1第844号
         2012年10月31日

申立人ら代理人 川人博様

         日本弁護士連合会人権擁護委員会 委員長 小林七郎

    人権救済申立ての件について(通知)

 山本文子氏外3名から申立てのありました人権救済申立事件(2012年3月5日受付、2011年度第41号事件)について、ご連絡いたします。

 山本文子氏外3名の申立てについて当委員会にて調査を行うことを決定しましたのでご通知いたします。

 今後、当委員会から、調査にご協力をお願いすることになりますので、よろしくお願いいたします。
 

脅迫メールの誤認逮捕事件に思う

 投稿者:井上 泉  投稿日:2012年10月24日(水)21時28分1秒
返信・引用 編集済
  この度、脅迫メール事件で誤認逮捕されたという本当に気の毒な事件がありました。
私は頭の中がアナログなので、よく理解できていない部分もあるのですが…。
パソコン上の「指紋」とも言われるIPアドレスというもので逮捕に至ったということでした。報道によるとそれは「DNA」と同じくらい決定的なことだとも言っていました。

美保さんの問題と重なりました。
「DNA」は決定的なのだという神話を悪用したわけです。
≪2秒で250文字を打てるわけがないだろ≫と言う矛盾点は≪まあ、そういうこともあり得る≫といういい加減なことで終わらせてしまっています。それは、「犯人はAさんである」という結果ありきで捜査をしているからです。

美保さんの問題と全く同じです。

誤認逮捕というのはもちろん酷いことですが、誤認であったことを認めました。
警察以外の一般人に真犯人からのメールが入った事もあり、認めざるを得なかったわけですが、凄い進歩だと思います。「警察=間違いはない」ということはあり得ないわけですから、子供でも分かるようなその場しのぎの言い訳や嘘の上塗りをしている姿は更に信用をなくすのです。一般市民を守ってくれるはずの警察が「え~???」と思うようなつじつまの合わないことを毅然としゃべっている姿を見ると、「何かあった時、誰が私たちを守ってくれるんだろう」と本当に不安になります。

勿論、理想は「間違えない警察」ですが、それよりも「間違えを正直に認める警察」の方がよほど信頼できます。


教育の現場でも、≪いじめのない学校≫ではなく≪いじめがあることをキャッチする学校≫が評価されています。絶対に「いじめ」はあるわけですから。

警察も同じだと思うのですが・・・。


 

レンタル掲示板
/60