teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


おうちでおしごと

 投稿者:mi-  投稿日:2003年 9月22日(月)15時04分35秒
  自宅からお仕事をできる方を募集しています。
トレーニング制度&完全サポート。
$500~$8000/月
副収入がほしい方、子育て中の方、人生を変えたい方に。
あいた時間にパートタイムから始められます。

http://www.yourreallife.com

 
 

北岳バットレス

 投稿者:島田祐治メール  投稿日:2003年 9月19日(金)21時59分10秒
  かずさん、おひさしぶりです。
ヨーロッパは酷暑の夏だったようですね。
日本は逆に、梅雨があけず雨ばかりの涼しい夏でした。
9月6~7日に私には25年間懸案であった北岳バットレスにいってきました。
ピラミッドフェースからDガリー奥壁とつないでおよそ13ピッチでしょうか。
晴天に恵まれたものの、行動時間15時間という残業状態で疲れました。
さて、現在書店で販売中の「山渓JOY」を買って読んだら、”ごだ”のインタビューが
見開きで載っていました。ああ!5月の木曽駒/宝剣のAGSJ登山学校からもう9年も過ぎた
ということですねー。
 

やっぱり温泉がいい?

 投稿者:おばQメール  投稿日:2003年 9月16日(火)18時36分52秒
  *昨夏は思い立って、八ヶ岳温泉巡り。
 夏沢峠から硫黄岳を往復し、佐久側に少し下って本沢温泉泊。なるほど
 いい湯でした。
 翌日はのんびりと天狗に登り、コマクサを愛でつつ唐沢鉱泉へ。文句な
 し。翌朝の光あふれる湯船は最高、料理も上々。

*で、今年はその続編というわけです。
 Pは意外にもアルペン風がお好み。むろん、そちらの Neige et Roc に
 は及びもつかないが、少しは変化があって、できれば岩っぽいところが
 よい。ならば、硫黄岳から見た、南に続く横岳から赤岳をつなごうかと。

*9月4日、早めに家をでて、美濃戸の林道終点から行者小屋を経て急登
 の地蔵尾根。意外にあっけなく、昔の石室(いまは天望荘という)に着。
 天気はまあまあだし、さほどバテてもいない。余勢をかって赤岳を往復。
 山頂でしばし阿弥陀の南稜を眺め、40年に近い往時を回顧。同行した
 相田と吉田のことを想う。

*翌日も好天、強風でさっとガスが切れ、白馬や立山を遠望。心地よい風
 のなかを横岳から硫黄岳をまわり、赤岳鉱泉でゆっくりと昼。立派な小
 屋になったけれど、どうやら風呂にはあまり期待できそうもない。
 で、時間はあるし、北沢の流れにそって美濃戸においた車まで戻り、今
 年も唐沢鉱泉に投宿。初ものの「きのこ」で一献、優雅な時を過ごしま
 した。

*ところで、あの頃の長い八ツのアプローチは、すべて車。森の多くは別
 荘地に変貌しています。キスリングの重荷にあえいだのは、夢だったと
 しか思えません。殺風景な八ヶ岳農場ですら、いまや広々とした緑のガ
 ーデン風、パラソル様にしつらえた白いタープの大きな日陰で、子連れ
 の家族たちや老夫婦が午後のティータイムといった様子です。
 ちなみに、今回立ち寄った小屋のトイレはすべてピカピカの水洗。山道
 はもちろんキャンプサイトにもゴミひとつ落ちていませんでした。あた
 りまえといえばそれまでですが、この日本、すべてが悪い方向に変わっ
 てしまったようにはとても思えない。山にいくたび、いつも嬉しい気が
 することも確か。
 
*志賀の山小屋も、ある意味、時の流れを受け入れた「いい変化」がおき
 るような気がしています。万一、仮に失うことがあっても、我々のなか
 にはしっかりと残っているものがある。それで充分じゃないか....。そ
 んな風にも思うけれど、どうだろうか。

 来週は志賀でお誘いがあった9回の皆さんと奥多摩散歩。狩野さんの姉
 上と同行、狩野さんも行くらしい。
 そうそう、ダブルストックは弱った脚に極めて有効、特に下りはまさに
 四駆の威力でした。
 これなら、少々きつい、そちらのトレッキングでもなんとかなるかなぁ。

 それではまた。  ps 今日はずいぶん涼しい日となりました。

 

八ヶ岳にはいきましたか?

 投稿者:  投稿日:2003年 9月14日(日)16時03分1秒
  *池めぐりだけど、オーストリアのダハシュタインの登りのアプローチに美しい湖畔の道を歩きましたが、そのとき志賀の大沼を思い出しました。用水沿いの道は覚えてるよ・・・。頂上近くにあった丸木のやぐらみたいのは無くなってるんだろな?

*あの懐かしい志賀の小屋が無くなってしまうんだろうか?

《日比野さんがシャモニのエギュ・ド・ミディに来ているとたった今電話がかかってきた!!(9月24日8時30分現在)11時半にケーブル駅で待ち合わせする予定》

 *また連絡します。
 
 

なんと岩菅山に登る

 投稿者:おばQメール  投稿日:2003年 9月 2日(火)14時50分21秒
  *志賀イベントは、総員30名の大パーティ。
 連日の好天。下界は冷夏から一転、身にこたえる猛暑とのことできわめてラッキ
 ーでした。
 で、のんびり「池巡り組」が大勢をしめるかと思っていたら、なんと岩菅山の希
 望が20人近く。これには内心びっくり、皆さんホントお若い。

*年齢差30歳の長~い行列。東館山から歩き出して、さっそくへばった人も現れ
 て、しんがりの小生は、早々から荷物担ぎ。「引率」のころを思い出しました。
 最後の急登も、なんとかダマシながら山頂へ。全員元気に登頂。遠く富士のシル
 エットまで望んで、初めてこの山の眺望のよいことを知った次第です。
 考えてみたら、この山は15回の引率以来かなぁ。となると3回目、39年ぶり。
 初回の中学のときから数えると実に43年ぶりということになる。(おい、歳が
 ばれるぜ)
 
*下りはアライタ沢をまわる道。ほら、中学のとき登った例の道です。橋は立派に
 なりましたが、高天原までの用水沿いは昔のまま。すっかりタイムスリップして、
 かの歌など口ずさみながら楽しく下山。小屋の温泉で汗を流し、夜はバーベキュ
 ーとファイアーストーム。先輩達はフォークダンスなんぞを踊り始める.....。
 ああ、もったいない。この小屋はなんとか残したいものです。
 
*翌朝、ハイク仲間と山に行かないかとのお誘い。どうやら、しんがりぶりを見て
 いたらしい。バリバリのおばさん達についていけるかどうかは別にして、これは
 大いに光栄。
 そうだ、どうせならこの先輩たち、本場アルプスのトレッキングにでもお誘いし
 ましょうかね。

*今週はこれまた懐かしの八ヶ岳に。スキーの季節も近い。鈍る身体にせいぜい歩
 きたいとは思うけれど、ふたりとも時間がとれず。それでも、志賀で試したダブ
 ルストックの威力をかって、4日の夕方までには赤岳の小屋まで一気に行きたい
 ところ。さて、どうなるだろうなぁ。
 でもね。だんだん山が恋しい今日この頃ではあります。贅沢はいわない。せめて
 5月の北鎌と北尾根、それに明神、あの東陵にもう一度登りたいなぁなんてね。
 もっとも、その実、山帰りの温泉がよほど楽しみなのですが.....。では、また。
 
 

おばQ殿

 投稿者:  投稿日:2003年 8月 6日(水)05時32分45秒
  ご無沙汰しております。
今年のアルプスは晴天続き6月から真夏の状態が続いていて、山が乾ききってしまってかなり危険な状態です。

発哺の件、本当に最後になっちゃうのだろうか?昔の小屋を思い出した。どうして手に入ったかはわからないけどペギー葉山の歌う、山小屋の灯火のカセットを聴いていると、当時何の気なしに歌っていた文句が、今になると切実なものに感じられて、溌剌としていたあの頃がもうれつに懐かしくなりました。

家族の皆様によろしく!!
 

発哺の小屋

 投稿者:おばQメール  投稿日:2003年 8月 5日(火)11時28分50秒
  *1月以来。ひさしぶりのHP。
 元気で活躍の様子、なによりです。
 こちら、先週末にようやく梅雨明け。ずっと涼しくて助かりまし
 たが、一気に来た猛暑に、いささか、あごが出ています。

*ところで、今年も鏡影会のイベントで、発哺の山小屋に行きます。
 独立法人化で小屋がなくなる....ということで、昨夏に始まった
 催しですが、今年の参加はなんと総勢30名以上。
 あるいは最後になるかもってことで、大勢になったのかもしれん。
 結構、楽しい集いで、小生らは昨年に続き、22日から2泊の予
 定で「池巡り」なんて、懐かしいことをやってみようと....。

*9回生は大岩敦さん以下8名、10回3名、11回は村重さんほ
 か1名、12回が小生ら、14回伊原、15回2名、16回近藤
 夫妻、18回笠原などなど、38回生まで30歳以上の「超ブロ
 ード・バンド」。
 昨年も、和の話を出ましたが、トレッキング愛好者も例にもれず
 多いらしい。いつか、鏡影会のメンバでシャモニーなんてことも
 あるかもだね。

 

ありがとうございます

 投稿者:木下 大然メール  投稿日:2003年 7月 2日(水)16時41分37秒
  屋久島の木下です

 お忙しいところ早速お返事いただきましてありがとうございます。

> バリーの画像どうぞお使いください。

 ありがとうございます。早速使わせていただきました。下記の通り画像の使用とリンクをさせていただきました。

救助犬の歴史
http://yakushima.org/rd-1.htm

お奨めガイド&ツアーりんく集
http://yakushima.org/link13.htm

> 私のほうからもリンクを貼らせていただいてよろしいでしょうか?

 是非、宜しくお願いいたします。サイトおよびバナーは以下の通りです。

 Earthly Company
 http://yakushima.org/eco.htm
 http://yakushima.org/banner02.gif

 屋久島救助犬協会
 http://yakushima.org/rescudog.htm
 http://yakushima.org/banner04.gif

> 救護所焼失の件ですが、??調べてみます。

 急ぎませんのでゆっくりで結構です。

 いつか是非ヨーロッパの山にも登りたいと思っています。その時はガイドお願いいたします。また私たちのお客様でヨーロッパの山で登山、スキー、キャニヨニングをしたいという方がいらっしゃいましたら、斎藤様をご紹介させていただきます。それでは、今後とも宜しくお願いいたします。
 

木下大然様

 投稿者:  投稿日:2003年 7月 1日(火)14時36分22秒
   はじめまして。
 返事が遅れてまことに申し訳ありません。バリーの画像どうぞお使いください。博物館名は、救護所の(道路をはさんで反対側にある)所有する博物館です。私のHPにあるものは私のお客の写真以外ならなんでもご自由にお使いください。私のほうからもリンクを貼らせていただいてよろしいでしょうか?
 救護所焼失の件ですが、??調べてみます。
 

MASSA様

 投稿者:  投稿日:2003年 7月 1日(火)14時35分36秒
   パートナー探しには苦労しますね。ひとつの案ですが、最寄のCAFに入会すると大抵1週間に一度くらいミーティングがあって、週末の山行が数種類決められ、希望のところを選ぶことができはずですし、何度か一緒に行動しているとパートナが見つかってバカンスのときにも苦労しないですむと思いますよ。僕が行っていたのはToulonのCAFでしたが、堅苦しいこともなくとても良い雰囲気でした!!今でもあの頃の仲間達は忘れることが出来ません。  

レンタル掲示板
/11