teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


美味しんぼのフリーゲーム

 投稿者:猫紳士  投稿日:2009年10月26日(月)00時09分30秒
  こんばんわ。初投稿です。
失礼語録や美味探訪など、いろいろ楽しませてもらいました。特に、精養軒のソーセージは写真からも美味しそうでした。

話は変わりますが、美味しんぼを題材にしたフリーゲームの「OH!威信慕」というゲームはご存知でしょうか?フリー(無料)でプレイできるサウンドノベル方式のゲームなのですが、内容は・・かなり爆笑ものでした(笑 あくまで“ネタ”の範疇として、楽しめればと思います。

もしよろしければ、以下にURLを記しておきます。

http://f8.aaa.livedoor.jp/~rungeria/novel/noveltop.htm

では、失礼します。
 
 

団塊の世代は満腹世代

 投稿者:くいしんぼ  投稿日:2009年 1月18日(日)15時04分40秒
  1/18付けのプログで雁屋さんがナゼか若い世代に対して、かなり辛辣な批判を展開しています。
戦後の日本経済が、戦地から帰還した兵隊さんの職場復帰による賜物であることは無視されています。
そこにアグラをかいた満腹団塊世代が2世代にわたり、日本を喰い潰してしまった事実は
触れられていません。

ナゼ、兵隊さんのアラ探しをしているのかがわかりました。

ただの”すねかじり”だったのですね。
 

1月は正月と成人式

 投稿者:みちのく  投稿日:2009年 1月15日(木)20時24分3秒
  久しぶりに書き込みます。

もう1月も半分終ってしまいましたが、思えば『美味しんぼ』の最初のお正月が「江戸っ子雑煮」だったと記憶しています。
初期の頃はよかった…なーんて振り返るのは野暮でしょうが、東京の風景がよく描きこまれていたし、蒲鉾メーカーから抗議は来るわ、いかにも『美味しんぼ』という話でした。

そして成人式が「卵とフライパン」ですが、士郎がフライパンをプレゼントした彼のその後が描かれなかったのが残念だったりします。
それにしても彼が働いていた洋食屋、東京のど真ん中なのに、午後1時で店を閉めるわ、オヤジはヤル気なしということは、そのオヤジ、相当の資産家で、働く必要のない人なんでしょうね。

どちらの話も日本の景気がよかった頃の話なのが寂しいのですが。
 

賀正

 投稿者:くいしんぼ  投稿日:2009年 1月 3日(土)14時16分12秒
  今年も投稿を続けます。

雁屋さんも正月からプログをコマ目に更新し、お元気そうです。
今年は「美味しんぼ」のTVドラマ化もあり、楽しみな1年になりそうです。

至高、究極に負けない様な、至極な投稿を心がけたいと思います。
 

あけまして

 投稿者:ハル@管理人  投稿日:2009年 1月 3日(土)11時03分34秒
  おめでとうございます。
昨年は美味しんぼにとっては、区切りの年でしたねー。
この年末年始の休みで、全巻購入を目指したんですが、まだ手をつけてないです(汗)
早く追いついて(?)HPに反映させたいものです。
とにかく、今年もよろしく美味しんぼ!!
 

テレビドラマ化

 投稿者:くいしんぼ  投稿日:2008年12月31日(水)00時59分16秒
  12/26の雁屋さんのプログによると、テレビドラマ化されるようですね。
不景気風が強まっているので、穏やかな人間関係と明るい職場にして欲しいものです。
自分の生活を守る事に精一杯です。

イデオロギーや信条よりも、食によって視聴者が自信を取り戻せる様な内容に
期待したいです。

美味しい食べ方が見たい。
 

日曜版料理対決

 投稿者:くいしんぼ  投稿日:2008年11月 2日(日)10時52分40秒
  昭和51年?に「大手町」「築地」両紙が、全ての印刷所でのカラー印刷が可能となった。
両紙とも紙面の彩りを添えるために、それぞれが「京料理」と「全国の名物料理」の
企画が極秘裏に進めていた。

互いの企画を紙面上で初めて知った両紙は、日曜版でぶつけてきた。
週刊誌が後追い記事を書き、美食高級料理がブームになるのかと思われたが、
日曜版対決早々に、両紙の購読者から思わぬ横槍が入った。

「石油ショックによる経済状況が悪い中での、金持ち相手の高級料理は如何な物か?」
「食べ物を競うように歪んで取り上げるのはオカシイ」
という至極当たり前の数通の投書であった。

「料理こそ文化」、「うちは数千円だが、相手は数万円の料理」
苦しい文面が両紙の紙上を賑わしたが、互いに掲載日をずらし掲載回数を宣言、
料理の料金の明記で、この企画は忘れられていった。

食べ物は滋養であり、粗末に扱ってはいけない。
しかし、美味しい食べ方は、貪欲に知りたいと思った。

初期の美味しんぼは、士郎と雄山が互いを無視しあいながらも、
料理で諭すところがあり連載が待ち遠しかったが、対決してからは萎えた。
 

雁屋さん明日20日から

 投稿者:くいしんぼ  投稿日:2008年10月20日(月)21時55分54秒
  鎌倉の実家から京阪へ旅行だそうだ。

コハダを再発見したとか、初夏のコハダの食べ方を秋に知る??
楽しみですね。
ニシンと数の子の酢漬けの様にでもするのかな??
 

料理企画

 投稿者:くいしんぼ  投稿日:2008年10月20日(月)21時02分25秒
  帝都「京料理」で、東西「全国の名物料理」
ついに両紙が日曜版でぶつけてきた。

部数競争で加熱していた両紙だったため
週刊誌が紙面戦争と煽り、読者の目を引く事になったが・・・

一ツキも経たずに購読者から思わぬ横槍が入る。
 

昭和50年代に

 投稿者:くいしんぼ  投稿日:2008年10月15日(水)20時36分25秒
  新聞各紙は印刷機と流通の進展により、全国にカラー版を配達できるようになった。
そこで、彩りを添える写真が必要になり、2紙が偶然にも料理を取り上げた。

最初は共に曜日の異なる、夕刊版の掲載だったがのだが・・・
 

レンタル掲示板
/10